XM

XMの出金方法まとめ!出金手数料やメリットデメリットまで徹底解説

Contents

XMでは入金方法と出金方法が同じになる

XMでは入金方法と同じ方法で出金せねばならないとルールがあり、たとえばクレジットカードで入金すればクレジットカードで出金します。

このルールはマネーロンダリングを防止するため。

入金方法を選ぶときは、そのあとの出金について考えた上で選択することをおすすめします。

XMの出金の手順

XMの出金方法にはいくつかあり、それぞれにより手数料や所要時間が違います。

出金申請が受理されればメールが届きますので、必ず確認しましょう。

XMでちゃんと出金できないという口コミが時々ありますが、何か手続きでミスしていることがほとんどです。

また今のところマイナンバー不要のXM出金ですが、将来必要になるかもしれません。

XMの出金方法①bitwallet

オンライウォレットのひとつであるbitwallet。

以前はmybitwalletという名前で知られており、世界200カ国で利用されています。

なおBitwalletは円建て口座以外での利用不可となっています。

XM×bitwalletの入金手数料

XMでは自己資金をbitwallet上で管理でき、XMとbitwallet間の手数料は無料、即時反映なのがメリットです。

銀行振込は入金手数料無料

bitwalletには銀行振込かクレジットカードで入金可能で、銀行振込は手数料無料、クレジットカードは手数料4〜5%です。

bitwallet×銀行の出金手数料

bitwalletから銀行への出金には出金手数料824円必要。

ほぼXM専用のbitwalletならそれほど出金しないことも多いので、出金手数料はそこまで気にならないでしょう。

bitwalletはおすすめ方法ではない

出金手数料が安く、銀行振込なら入金にまつわる手数料が無料となるbitwallet。

さらに、直接利用できないAMEX、Masterも使えメリットが多そうに感じられます。

でも、2019年4月よりbitwalletは入金額以上の出金ができなくなりあまりおすすめできなくなりました。

XMの出金方法②クレジットカード

XMではクレジットカードでの入出金も可能。

なお、出金はクレジットカードの返金機能を使うため、入金額以上の出金をすることはできません。

たとえば、クレジットカードで10万円入金してFX取引で5万円の利益を出したケースを例にとってみましょう。

クレジットカードで出金できるのは20万円だけで、利益の5万円は別の方法で出金する必要があります。

また、クレジットカードでの出金はカード会社によってもバラツキがあるのですが、時間がかかる傾向にあります。

クレジットカードよりデビットカードの方が、早く出金処理が完了するようです。

JCBカードでは出金できない

JCBカードは入金可能ですが出金不可。

ですから、JCBカードで入金しても別の方法で出金せねばなりません。

複数のクレジットカードで入金したら

複数のクレジットカードで入金した場合は、入金順に出金するのがルール。

たとえば、Aカードで10万円、Bカードで5万円の順で入金すると出金もAカードで10万円、Bカードで5万円の順です。

入金から1年以上経過したら

クレジットカード出金はクレジットカードの返金手続きを利用するもの。

そして、クレジットカードの返金手続きには1年以上経過すると返金できないルールがあるため、1年以上経過すると別の方法で出金することになります。

クレジットカード失効したら

クレジットカードで入金したものの、出金時にはクレジットカードが失効、その場合はクレジットカード以外の別の方法で出金します。

クレジットカード会社への問い合わせ

XMから出金申請受理メールが届いたものの、何かトラブルがおきたときはクレジットカードに問い合わせましょう。

出金方法

XM会員ページにログインし、「資金の出金」「Credit/Debit Cards」の順にクリック。

出金金額を入力し、注意書きを確認後、チェックを入れて「リクエスト」をクリックすれば完了です。

XMの出金方法③国際電信送信

XMに提携している海外銀行から振込を受けとる電信送信。

ただし、海外の会社であり日本の法律外であるXMからの出金を許可していない銀行が多いです。

大手銀行のなかでXMの電信送信未対応なのは、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、みずほ銀行(ネット支店)、じぶん銀行、セブン銀行です。

出金手数料

電信送金では20,000円以内の出金に手数料3,000円必要。

また、海外銀行から国内銀行への振込には別途出金手数料も支払わねばなりません。

支払い手数料は銀行によりバラツキがあるものの、およそ2,500〜4,000円。

ソニー銀行、住信SBIネット銀行は安めの2,500円、そのほか都市銀行は4,000円ほど、地銀は6,000円ほどとなっています。

ユーザーの7割が電信送信利用

XMを利用している70%が電信送信を入出金方法として利用しているとのことです。

XMでは、入金と出金を同じ方法でするのがルール。

どちらの場面でも便利な方法を選ぶことが大切です。

10,000円以上入金する場合、銀行入金なら振込手数料が数百円ほどかかる程度で、手数料を抑えられますし、銀行営業時間内に手続きすれば遅くとも1時間以内に口座反映されます。

出金手数料は少し高いものの、そもそもXMでは出金するとボーナスが消滅することもあり、それほど頻繁に出金する人が少なく気にならないようです。

入金、出金の口座は別々でもOK

入金と出金の方法は一緒でないといけませんが、だからといって同じ口座である必要はありません。

ただし、どの口座も本人名義でないといけないのは当然です。

2〜5営業日の時間がかかる

電信送金での出金は、XM側で1日ほど、さらに着金するまで数日の時間がかかり、出金申請してから実際の口座に反映されるまで長いと5営業日かかることがあります。

このため、電信送信はいち早く出金したい方にはおすすめできません。

銀行からの電話に対応せねばならない

たとえ少ない出金額でも、XMからの着金があると確認の電話が銀行からかかってくるので対応する必要があります。

ただし、銀行によってもこの電話確認にはバラツキがあり、たとえば、住信SBIネット銀行は電話ではなくメールの回答フォームでの確認となります。

さらに、100万円以上の出金では、たとえ自己資金だったとしても税務署から電話がかかってくるので対応する手間がかかります。

XMの出金方法④STICPAY

現在は取り扱われていないSTICPAY。

FXのほかオンラインカジノなどでよく利用されているオンライン決済サービスです。

クレジットカードやビットコイン、銀行からの入金、国内銀行出金、海外銀行送金、オンラインショップの決済など、さまざまなシーンで使われており、STICPAYカードを発行すれば世界各国の銀行のATMで出金することもできます。

STICPAY側での入出金手数料

XMとSTICPAY間の入出金手数料は無料。

ですが、STICPAYから国内銀行に出金するには、出金額の1.5%と800円の手数料を支払わねばなりません。

また、国内銀行からSTICPAYに入金するときは、入金額の1%の手数料が必要です。

利益も出金可能

STICPAYでは入金額以上の出金、つまり、入金した自己資金と一緒にFXで得た利益も出金できます。

2019年4月まではbitwalletでも同じ対応がとられていましたがbitwalletではこのルールが不採用となり、現在はSTICPAYに軍配が上がります。

STICPAYはおすすめの入出金方法。

STICPAY口座への入出金には手数料が必要。

それでも、入金額以上に出金できるメリットは想像以上に便利です。

同じように入金額以上の出金が可能な電信送金の場合、4,000円ほどの手数料がかかり、20万円以下の出金ならSTICPAYの方がコストを抑えられます。

ただし、ソニー銀行、住信SBIネット銀行の場合、12万円以上出金するならSTICPAYより手数料が安くなります。

同じように利益を出金できるi-Accountの場合、入金できないこと、出金手数料が高いことがデメリットとなっていてあまりおすすめとは言えません。

出金方法

会員ページにログイン、「資金の出金」「Sticpay Wallet」とクリックし出金額を入力。

注意書きを確認後チェックを入れ「リクエスト」をクリックすれば完了です。

XMの出金方法⑤ビットコイン

以前はビットコインでの入金が可能だったXMですが、現在は取り扱われていません。

ビットコインもほかの入金方法と同様、入金額以上の出金はできません。

ビットコインウォレットの手数料

ビットコインの入手金の場合、XM側の手数料は無料、ビットコインウォレット側の手数料が2%〜5%ほどです。

保有リスク

相場のアップダウンが激しいビットコインは常に保有リスクがつきまとうもの。

もちろん普段からビットコイン取引している人はいいのですが、XMでの入出金のためだけに保有するのは考えものです。

出金方法

会員ページにログインし「資金の出金」をクリック。

次に、「Bitcoin」を選択し、出金額やビットコインアドレス、ウォレット名を入力、注意書きを確認しチェックを入れ「リクエスト」をクリックしましょう。

処理されると届くメールにてメール認証すれば手続き完了です。

なお、ビットコインを入金をしていないと、「Bitcoin」ボタンがそもそも表示されない仕様です。

XMの出金方法⑥i-Account

現在は取り扱われていないi-Account。

国際決済可能なオンライン決済サイトで、海外FXトレーダーが愛用しています。

利用できなくなる可能性も

i-Accountは無記名のデビットカードが利用できるのがウリ。

ですが、無記名でATM出金できてしまい、お金の流れを追いづらく犯罪や詐欺の温床になるリスクがあります。

同じようなシステムのNETELLERは日本での利用禁止となっており、i-Accountも将来利用禁止になる可能性があり、おすすめできません。

高い手数料

i-Accoutの手数料はXM側では無料ですが、i-Account口座から国内銀行口座に出金するのに5〜25ドルプラス海外送金手数料を支払わねばなりません。

デビットカードを利用すると手数料をもっと安く抑えられるのですが、デビットカードへの出勤はあまりおすすめできませんし、そもそもi-Account自体日本で利用不可となる可能性もあります。

出金方法

XMの会員ページにログイン、「資金の出金」「i-Account」を選択。

i-Account口座と出金額を入力後、 ‘注意書きを確認しチェック、「リクエスト」をクリックすれば完了です。

XMの出金履歴の確認方法

XMでは、MT4の決済履歴もしくは会員ページから出金履歴を確認できます。

会員ページからは、トップページ上部「会員ログイン」をクリック。

次に右側の「マイ・出金」をクリックし、出金履歴を確認したい開始日と終了日を選択して「作成」をクリックします。

なお、出金履歴を確認していて「保有中」と表示された場合は、出金申請受付中でXM側での処理が未完了を意味します。

XMで出金できない理由

出金申請したのに出金できない、となると焦ってしまうのは当然。

ですが、XMは優良企業であり悪質な出金拒否は皆無なので、何かミスをしていないか落ち着いて確認しましょう。

XMで出金できない理由①最低出金額500円に満たない

XMでの最低出金額は500円、電信送金の場合は10,000円と決められています。

余談ですが、電信送金で最低金額である10,000円を出金すると、手数料が3,000円ほどかかるためかなりもったいないです。

XMで出金できない理由②出金額の入力を間違えいている

入出金をまったく同じ方法でおこなう場合は心配ないのですが、複数の出金方法に分ける場合にそれぞれの出金金額を間違えて入力してしまうケースがあります。

たとえば、クレジットカードで10万円入金、次に電信送金で20万円入金して口座に30万円ある場合、クレジットカードで出金できるのは10万円までです。

自分がどの順番、どの方法で入金したのか覚えておく必要があるでしょう。

XMで出金できない理由③出金情報の入力を間違えている

ビットウォレットでの出金を例にとると、登録メールアドレス、ビットコインアドレスなど色々入力する必要があり間違えてしまうことが多いようです。

とくに注意すべきはビットコインのアドレス間違い。

最悪お金が手元に戻らない可能性もあるので注意してください。

XMで出金できない理由④ボーナスを出金しようとしている

豊富なボーナスが魅力のXM。

ただし、いずれのボーナスもボーナスそのものを現金として出金することはできません。

たとえば、10万円入金し5万円の入金ボーナスをもらい口座残高15万円のとき、出金できるのは自分で入金した10万円のみです。

最初は分かっているのですが、時間が経つにつれボーナスの存在を忘れ15万円出金しようとしてできない、と慌てることがあるのです。

XMで出金できない理由⑤ルール違反をしている

XMの規約違反を犯スト口座凍結や出金拒否などのペナルティを課せられることがあります。

口座や業者をまたいだ両建て、グループでの両建て、アービトラージ、接続遅延を狙った取引、XMPの悪用、窓埋め狙いの取引などはXMの禁止事項です。

XMで出金できない理由⑥ポジションを保有中である

ポジションを保有していても出金可能ですが、その場合、出金後の証拠金維持率が150%以上という条件があります。

また、ポジション保有中の出金は証拠金維持率が変わりロスカットが発生しやすいので、可能ではありますがおすすめのやり方ではありません。

公式サイトの証拠金維持率の説明ページを参考に、出金できる金額をチェックするとよいでしょう。

XMの出金での注意点

注意点①XMで出金キャンセルはできない

XMでは出金キャンセルは基本的に不可。

ただし、出金処理完了前であればライブチャットなどで連絡するとなんとかキャンセルできることもあります。

そうはいってもこれはかなり時間制限のある方法。

どうしてもと言う場合は、なるべく急いでください。

注意点②一度出金してしまうとボーナスが消滅する

XMで出金すると出金額割合分のボーナスが消滅することを忘れないでください。

たとえば、口座残高10万円、ボーナス4万円の口座から、残高の50%である5万円を出金するとボーナスも50%分つまり2万円消滅します。

せっかくもらったボーナスを無駄にしないよう気をつけましょう。

注意点③家族名義や他人名義だと出金できない

XMでは、XMに登録している本人名義の銀行口座などでないと出金できないルールです。

また、円建て口座の場合、入出金ともに円ですから為替の影響を受けがち。

一方、ドル建てやユーロ建て口座は円高方向に調整した為替ルートでの出金なので、少し割高になる傾向にあります。

XMのスワップポイントの出金

XMではスワップポイントの出金が可能ですが、ポジション保有中のスワップポイントは出金不可です。

スワップポイントはポジションを決済したタイミングで付与されるものなので、決済していないのにスワップポイントを出金することはできないというわけです。

XMアフィリエイトパートナー報酬はE-walletに入る

XMアフィリエイトパートナーの報酬はE-walletに入金される仕組みです。

E-walletから出金するには、まず「出金」「出金申請」の順にクリックし、「XMパートナー管理画面」を開きます。

「E-WalletからMT4取引口座へ移動する」「その他の出金オプション」のどちらかで出金先を選択しましょう。

ちなみに、E-wallet への20,000ドルまでの報酬には20%のボーナスが付与されますが、「その他の出金オプション」を選択するとボーナスが消滅しますので、XMでFX取引しているなら「E-WalletからMT4取引口座へ移動する」を選びましょう。

ボーナスをもらって得しよう

GEMFOREXで新規口座開設するとボーナスが20,000円もらえるのでもらわないと損!
\今なら口座開設で20,000円もらえる/