XM

XMのレバレッジ確認方法や取引設定まとめ!レバレッジ制限や解除方法まで徹底解説

XMの魅力のひとつが、最大レバレッジ888倍。

この条件に惹かれてXMに口座開設した方も少なくありません。

レバレッジ取引する上で切っても切り離せないのが必要証拠金の計算ですが、ちょっと面倒だったりして、うやむやにしている方もいらっしゃるようです。

では、XMのハイレバレッジを利用する上で必要な証拠金の計算について詳しくみていきましょう。

XMでは口座タイプごとに最大レバレッジが異なる

マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座の3タイプの口座があるXM。

それぞれの口座タイプにより最大レバレッジが違ってきます。

マイクロ口座とスタンダード口座の最大レバレッジは888倍ですが、ゼロ口座の最大レバレッジは少し低い500倍となります。

ゼロ口座というのは狭いスプレッドをウリとしていてスキャルピングに向く口座なので、リスクを考えて500倍のレバレッジとなっているのです。

またゼロ口座はボーナス対象外。

すべて自己資金でFX取引せねばならず、どちらかというと中上級者に向く口座です。

XMでのレバレッジの確認方法

XMでのレバレッジ設定は、口座開設のタイミング。

注文ごとにレバレッジを変更できません。

今設定されているレバレッジはMT4・MT5で確認可能。

画面左下の「ナビゲーター」をクリックして、口座アカウントにマウスを合わせるとレバレッジの数字が表示されます。

レバレッジ変更はマイページからのみ可能

レバレッジの変更はマイページから「マイアカウントの概要」をクリックして、変更したいアカウントをクリックします。

右側に出てくる「鉛筆マーク」をクリックすればレバレッジを自由選択できるので、希望レバレッジを選び「リクエスト送信」をクリックします。

「レバレッジを変更しました」と表示されれば完了。

あとはXM側がレバレッジを手動変更してくれるのを待つだけで、手続き完了するとその旨のメールが届きます。

なお、レバレッジ制限を解除するのは意外と時間と手間がかかるので、できるだけ最初からレバレッジ制限がかからないようにしておきましょう。

最大レバレッジの888倍に設定しておいて低いレバレッジをかけることは可能なので、基本的には設定し直さないのがおすすめです。

もし低めのレバレッジを設定してしまった場合は、前述の手順でレバレッジを888倍に設定し直すとよいでしょう。

XMは証拠金の金額によりレバレッジ制限がかかる

XMでは証拠金額によりレバレッジ倍率が自動変更されるので、知らずのうちにレバレッジが変更されていて、思いのほか利益を得られなくなっているということがあります。

最大レバレッジ888倍ですが、証拠金が200万円以上になるとレバレッジは最大200倍に制限され、1,000万円以上になるとレバレッジは最大100倍に制限されます。

なお、証拠金は口座単位ではなくアカウント単位。

複数口座保有できるXMですが、保有口座すべての証拠金を足した数字にレバレッジ制限がかけられるので気をつけてください。

複数口座の証拠金合計は、「マイページ」から「マイアカウントの概要」をクリックすると表示されます。

合計証拠金が200万円以上になってレバレッジ制限をかけられたら、出金して合計金額200万円以下にし、そのあとXMサポートに連絡すればレバレッジ制限を解除してもらえます。

メールなら平日24時間、ライブチャットなら平日9~17時に対応してもらえるので、連絡から1~2営業日でレバレッジ制限を解除してもらえるでしょう。

マイナー通貨は最大レバレッジが低い

ドル円やユーロドルなどに代表されるメジャー通貨にはレバレッジ制限がかからないのですが、変動が激しくなりがちなマイナー通貨にはレバレッジ制限がかけらます。

たとエバ、欧州ユーロ/トルコリラは100倍、USドル/香港ドルは50倍、欧州ユーロ/ロシアルーブルも50倍といった具合です。

そもそも価格変動の激しいマイナー通貨はほんの一瞬で価格が下落して強制ロスカットということもしばしば。

ハイレバレッジするにはリスクが高すぎます。

とくにスワップポイントを狙う方は、レバレッジ制限によるロスカットに注意が必要です。

また、雇用統計などの経済指標時もレバレッジ制限がかけられるケースがありますが、この場合は相場が安定すれば自動で解除されます。

もちろん、レバレッジが制限されても、そのレバレッジ内での取引は可能。

ただし、どうしてもハイレバレッジ取引したいなら有効証拠金を減らしてください。

有効証拠金は「マイページ」、「マイアカウントの概要」の順でクリックすると表示されるので、計算、調整しましょう。

XMと国内FX会社でロスカットまでの値幅を比較

口座残高50万円保有するトレーダーが、1ドル=100円のタイミングで10万ドルのポジションを持つと、ロスカットまでの値幅は国内FX業者では3円、XMでは4.98円です。

このようにレバレッジや最低証拠金維持率はロスカットまでの値幅に影響を及ぼし、同じ口座残高でもロスカットに耐えられる値幅が変わってきます。

XMのレバレッジ確認方法や取引設定まとめ!レバレッジ制限や解除方法まで徹底解説まとめ

XMでは口座開設の際にレバレッジを設定する仕様で、注文ごとにレバレッジの数値を変えられず、レバレッジを変更したいなら、会員ページよりレバレッジ変更依頼する必要があります。

レバレッジを上手に活用して、FX取引を楽しみましょう。

ボーナスをもらって得しよう

GEMFOREXで新規口座開設するとボーナスが20,000円もらえるのでもらわないと損!
\今なら口座開設で20,000円もらえる/