GEMFOREX

GEMFOREXのMAM運用とは!?MAM口座のメリットデメリットやPAMM口座との違い

FXのMAM口座とは、資金を預けずにプロトレーダーに運用してもらうこと。

GEMFOREXはMAM口座を開設できるFX業者です。

では、GEMFOREXのMAM口座について詳しくご説明いたします。

MAM口座とは(マム口座)

MAM口座とは、プロトレーダーに資金を預けず、発注指示だけをもらうFX手法。

自己資金を他者に預けませんから、トラブルなどのリスクがありません。

ただ、プロトレーダーの取引ツールを自分の口座と紐付けるだけ。

利益にもつながりますし、またプロトレーダーの手法を盗み、FX取引のスキルをアップさせられます。

MAM運用には、お願いしたトレーダー自身が裁量取引するパターンと、トレーダーが自動売買ツールを使うパターンの2パターンあります。

トレーダー自身の裁量取引の方が、手数料が高いですが、ちょっとした違和感などにすぐ対応できるのがメリット。

自動売買システムはトレーダーの目ほど柔軟性がないので、理想を言えばトレーダーの裁量取引の方がおすすめです。

とは言え、ビギナーが自動売買ツールを使うのとは違い、トレーダーの自動売買ツールを利用はかなり安心できます。

MAM口座の手数料

GEMFOREXのMAM口座の手数料は、利益ごとに支払う形式で、だいたい利益の15〜30%が手数料です。

自動売買などを使って自分で取引すれば不要なコストなので、これをどう見るかですが、もちろんコストを減らす方が、利益率が上がるでしょう。

FX取引で利益アップを考えるなら、手数料を節約できるやり方に変えていきましょう。

PAMM口座(パム)とMAM口座の違い

プロトレーダに任せるという意味では同じ運用方法のPAMM(パム)とMAM。

違うのは取引履歴を見られるかです。

MAM口座は取引履歴を見られますが、一方、PAMM口座では見られず、トレード手法を盗む、チェックしてトラブルを避ける、という側面から、MAM口座の方がおすすめでしょう。

MAM運用は実はグレーゾーン

実は、国内において金融庁未登録の個人がFX取引を代行して報酬を得ることが禁止されています。

ということは、GEMFOREXは海外FX業者であり日本の金融庁未登録なので、MAM運用はNG。

罰せられるところまで行くことは少ないのですが、法律上グレーゾーンです。

GEMFOREXのMAM運用には紹介者リンクが必要

MAM口座を取り扱うFX業者は少なく、MAM運用はメジャーな手法ではありません。

MAM口座を取り扱うGEMFOREXでも、通常口座ほど簡単にはMAM口座を開設できず、すでにMAM口座を持っているトレーダーからの紹介リンクが必要となります。

MAM運用が無理でも、GEMFOREXなら自動売買もできますから、もしかしたら自動売買で十分かもしれません。

GEMFOREXのMAM口座のメリット

MAM口座のメリット①運用時間が節約できる

第三者であるプロトレーダーにFX運用を託すこととなるMAM運用。

自分がFX取引に使う時間を節約できます。

MAM口座は、副業もしくは兼業トレーダーにおすすめ、また四六時中チャートを見ているのが苦手という方にも良いでしょう。

MAM口座のメリット②EA(自動売買)の費用が節約できる

MAM運用は、利益が出たときにプロトレーダーに報酬を支払う仕組みなので、初期コストは不要です。

EA自動売買のなかには10万円以上するものもあり、場合によっては初期投資が必要。

有料EAと比べてMAM運用はコストを節約できるでしょう。

MAM口座のメリット③取引内容の確認ができるので安心

GEMFOREXのMAM運用は、プロトレーダーの取引内容を確認でき、ちゃんと取引してくれているかなどをチェックできますし、さらにはプロトレーダーの手法を盗みスキルアップすることも可能です。

MAM運用とよく似たPAMM運用は、取引内容を確認できないので注意してください。

GEMFOREXのMAM運用の3つのデメリット

MAM運用は、プロトレーダーにお任せしてしまったら自分は何もせずに利益をもらえる、と思う人もいるでしょう。

ですが、MAM運用にはデメリットもあります。

MAM運用のデメリット①自分の取引スキルがアップしない

プロのトレーダーに一任してしまうと、自分のFX取引スキルが一向にアップせず、そこで立ち止まったままになってしまいます。

取引をお願いしてしまうわけですから、やる気や本気度が下がってしまうことも。

今後もFX取引を続けたいなら、できるだけ自分で取引してスキルをアップさせるべきです。

MAM運用のデメリット②国内の法律ではグレーゾーンである

MAM運用は、第三者にFX取引を託し成功報酬を支払う、いわばコピートレードやソーシャルトレード。

日本ではこれを禁止しています。

国内FX業者が、MAM運用を提供しないのはこの禁止事項によるもの。

GEMFOREXは海外の業者なので法律違反にはなりませんが、それでもグレーゾーンであることは否めません。

MAM運用のデメリット③運用した方にノウハウを盗まれるリスクがある

ビギナーにとってプロのトレーダーは憧れ。

運用を任せられるなんて素晴らしいと考えてしまいます。

MAM口座を作る人のなかには利益よりもプロトレーダーの手法を見たいがために依頼する人も。

そして、自分のトレード手法を盗まれたくない優秀なトレーダーはMAM運用から手を引いてしまうという現象が起こります。

つまり、MAM運用を引き受けてくれる優秀なトレーダーに出会うのは大変ということです。

GEMFOREXのMAM運用とは!?MAM口座のメリットデメリットやPAMM口座との違いまとめ

FX取引をプロトレーダーに依頼できるGEMFOREXのMAM運用。

一見魅力的ですが、MAM口座利用者の紹介が必須、15〜30%の成功報酬など、ハードルが高めです。

ある程度放置しておいても利益を得たい、というならMAM運用ではなくEA自動売買の方が良いのではないでしょうか。

FXの世界では、MAMよりも自力で利益を得ることがさらなる夢へとつながります。

ボーナスをもらって得しよう

GEMFOREXで新規口座開設するとボーナスが20,000円もらえるのでもらわないと損!
\今なら口座開設で20,000円もらえる/